FC2ブログ

はんなのブログ

教習所であったこと・・・職員さんのつぶやき・・・などなどを紹介させていただきます!

rose

Post

高速道路で止まったら・・・

2009
08
28
ring
今日は、職員講習にゲストでJAFさんに来校いただき

・高速道路で止まった時の対処方法
・タイヤチェーンの装着方法

この2点について講習を実施していただきましたが本日は高速道路の
お話を・・・
jaf2


そういえば、この前実家に高速使って帰ったとき、路肩に止めてあった車あったよな・・・
とか思いながら話を聴きましたところ

今年半年(1~6月)の近畿地区での事故件数は8,404件
そのうち死亡事故が17件もあったそうです。

そして、ここからが今回のポイントだったのですが

その死亡事故のうち4割が
故障の為に停車した車に突っ込む「追突」
による事故だということらしいです。

JAF隊員の方も仰っておられましたが
「車の運転席側がトラブルになった場合、仕方なしに車線側に行って作業しなくちゃいけない。
その最中に大型車が通過すると、風圧で車線側に引っ張られ、怖い思いをする。」
との事でした。

そして、高速道路に止めるというのは、それ自体がとっても危険な行為なのだから、
まずはそういったトラブルの無い様、ちゃんとメンテナンスすること
(高速で救援依頼のあったトラブルの原因 1位タイヤのパンク 2位ガス欠 とのことです)

また、トラブルになった時には以下の事を実践して欲しいとのことです。

1・必ず路肩に停止(本線停止は厳禁)
2.慌てずハザードランプを点灯し、ハンドルは左へ切りましょう。
3.発炎筒を持ち助手席から降車しましょう
4.同乗者の方をガードレール(ロープ)の外へ非難させましょう。
5.三角表示板を設置(←故障車3台分位後方:約15mが目安)
6.発煙筒を設置(←三角表示板のそのまた車1台分後方
7.自身もガードレール(ロープ)の外へ非難し、救援依頼をしましょう

今は週末1000円ですが、無料になったりすることにでもなったら、もっと事故が増えそう!
そんな事故に巻き込まれないように、まずはちゃんとメンテから!しましょうね。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback

Open

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。